日々を駆け巡るoyayubiSANのブログ

日々を駆け巡るoyayubiSANのブログ

目が腐る小ネタと4コママンガを土日。ゲーム実況を月火。小説を水曜に更新!

双肩銃ミスティミラージュ マナビヤ特攻人

命のやりとりー第8話 双肩銃ミスティ・ミラージュ マナビヤ特攻人

「ルールは知っているな? 変身し、体力が底を尽きるまで戦う」 「知ってるよ」 格闘ゲームもアクションゲームもどれも似たようなもんだ。 大きく違うのは実際に体を動かすってところだけど、身体能力はステータスに依存するからいつもより身軽な感じがする…

全ての始まりー第7話 双肩銃ミスティ・ミラージュ マナビヤ特攻人

デュー子がパチンと指を鳴らすと、画面が右にスクロールして別のウィンドウが表示された。 左に俺の姿の3Dモデルが表示されていて、その横にはパワードスーツのパーツらしき画像が出ている。 俺のゲーム経験での直感で分かる。 これはキャラクターメイキン…

全ての始まりー第6話 双肩銃ミスティ・ミラージュ マナビヤ特攻人

「あの、傘、忘れちゃって」 「えっと、きみの名前はデルフィだっけ?」 「は、はい。デルフィ・ソルテアですけど、なにか?」 「あ、いや、なんとなく話かけただけ」 ただし理由は“なんとなく”だけではない。 雨なのに帰れずに困っているから助けようと思っ…

刹那の出会いー第5話 双肩銃ミスティ・ミラージュ マナビヤ特攻人

―二日目 朝― 俺、アトス・エオリアは学校の屋上で空を眺めていた。 電車も少ないバスも少ない田舎の村、サラズム。 ほとんどが畑や田んぼに囲まれ、けれども空気は新鮮で星は綺麗だ。 学校の近くといえば、古い商店街の中にある最新のゲームセンターが強いお…

生きるため死ぬー第4話 双肩銃ミスティ・ミラージュ マナビヤ特攻人

「おいビブロス、なにやってる?」 こっちも男の声。 最初のビブロスという男よりも少し若い雰囲気の声だ。 「見てくれよバールベック、一発で二人とも仕留めたぜ」 「そうか、凄い凄い」 二人目のバールベックという男は一人目のビブロスという男と違って冷…

戦場になった楽園ー第3話 双肩銃ミスティ・ミラージュ マナビヤ特攻人

「大きな機械があるから、それに乗って。時間がないから、私は行く」 セラードの肩を離し、私は背を向けた。 私は、まだ弱かったんだ。 だからセラードを勇気づける一言さえ思い浮かばなかった。 アルコなら、そういう気の利いたことが言えたのかもしれない―…

命のすれ違いー第2話 双肩銃ミスティ・ミラージュ マナビヤ特攻人

私はアルコの言う“すげぇ”の部分には興味なかった。 「さぁ。そういうデザインなだけだろ。まぁいらないなら消してもいいんじゃないか?」 「うん。そうする」 と言っても、害がないのなら消すのすら億劫ではある。 もしセラードもこのゲームを始めようなら…

悲劇の始まりー第1話 双肩銃ミスティ・ミラージュ マナビヤ特攻人

――令和四十年 エフェソス国が所有する巨大浮遊戦艦ペルセポリスは、高度数千メートル上空を移動していた。 だが楽しい空の旅とはいかず、平和な時は脆くも砕かれた。 敵国の名はシュトゥルーヴェ。 全身武装の兵士数人が、爆弾でハッチをこじ開け土足で侵入…